キム・ナムギルが千葉・大阪でファンミーティングを開催

キム・ナムギル
©FRAU INTERNATIONAL

 

韓国で最高視聴率22%記録し大ヒットとなったドラマ『熱血司祭』(原題)の主演を務め話題の俳優キム・ナムギルが、24日の千葉公演に続き、26日 大阪 Zepp Nambaでファンミーティング『KIM NAM GIL ROAD SHOW 2019 熱血夏季 -Summer Fever-』を開催した。

舞台に登場したキム・ナムギルは、さっそくピアノ演奏を披露し、久しぶりに訪れた大阪でファンとの再会を喜んだ。この日の最高気温は34度の真夏日。「外の暑い天気に負けないくらい熱く、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたい」と意気込みを語っていた。

KimNamGil
©FRAU INTERNATIONAL

トークコーナーでは、ドラマ『熱血司祭』についての話題が繰り広げられた。役作りのために実際に神父を訪ねたエピソードなども飛び出し、日本放送を目前に期待が高まる一方であった。またドラマの名シーンを映像で振り返る場面では、本人が印象に残っているシーンのほかにアクションシーンやコメディシーンもハイライトで上映され、劇中で演じた女装姿がスクリーンに映し出されると会場は笑いと黄色い歓声に包まれた。

KimNamGil
©FRAU INTERNATIONAL

続いて、ファンの願いを叶えるファンイベント『FEVER,WANT!』のコーナーでは、「キム・ナムギルへリクエストしたい事」をテーマに事前にアンケート募集。流行りのスマホアプリを使って自撮りの撮影や、愛猫との日常を再現するなど、普段はなかなか見ることのできないプライベートな一面も見せてくれた。中でも、特に盛り上がりを見せたのが、ファンのピアノ演奏で『愛してはいけないの』を歌うという、夢のようなリクエストの実現。緊張するファンを優しくフォローしている姿が印象的であった。

KimnamGil

KimNamGil
©FRAU INTERNATIONAL

2部は、アンコールを含め7曲の歌を披露。1曲目は自身の日本デビュー曲『Roman』からスタート。「日本語の歌は発音にも気を使う必要があり難しいが、日本のみなさんに共感してもらいたい」という気持ちから選曲したという。
また、後半にはキム・ドンリュルの名曲『An Old Song』をしっとりと歌い上げ、この曲を選んだ理由について「ファンのみなさんの応援や愛が原動力となっているので、感謝の気持ちを伝えたかった」と語った。
最後は、彼のファンミーティングではお馴染みの『Forever』。ファンと共に合唱し一体感に包まれた会場は最高潮の盛り上がりをみせた。

アンコールの『愛してはいけないの』では客席へ登場。熱い声援を受けながら、ファンとの距離を縮めていた。そして、ファンへの感謝の気持ちと、「必ずまた会おう」という熱い約束を交わし、ファンミーティングは幕を閉じた。

KimNamGil

KimNamGil

KimNamGil

KimNamGil

KimnamGil
©FRAU INTERNATIONAL

【KIM NAM GIL ROAD SHOW 2019 熱血夏季 -Summer Fever-】
日時:2019年7月24日(水) 開場 17:30 開演 18:30
会場:森のホール21
日時:2019年7月26日(金) 開場 17:30 開演 18:30
会場:Zepp Namba

■DVD発売情報
KIM NAM GIL ROAD SHOW 2019 熱血夏季 -Summer Fever- DVD
価格 / \6,500(税別)  発売時期 / 2019年11月13日発売予定
仕様:オリジナルパッケージ仕様 オリジナル特典付き
大阪公演の模様に加え、貴重な撮り下ろしインタビューの模様も収録
商品詳細: https://www.koari.net/products/detail.php?product_id=13895

■公式ファンクラブ情報
Kim Nam Gil JAPAN OFFICIAL FANCLUB 「GiL Veot」
https://www.namgil.jp/
※新規会員申込み受付中
※年会費6,480円(税込・入会金なし)
日本公式ツイッター:@kngjapan(https://twitter.com/kngjapan)

■ドラマ放送情報
『熱血司祭』(原題)
KNTVにて8/29(土)日本初放送スタート
毎週土曜 午後8:50~10:20(再放送:毎週金 正午~午後1:30)

イベント情報

登録されている記事はございません。

運営・関連 サイト

image001

ftravel
GUEST HOUSE SORA
zisfc
jksfc
namgil
namgil
hjhfc
trcng
LMK

ページ上部へ戻る